キッチンから日々のこと

by mcherry0929

最近の一人時間

2月になりました。すごく暖かい日があったかと思うと、翌日また真冬の気温に戻ったりして体調管理が大変ですね。昨日ちょっと風邪気味かな、という体調だったのでお休みの今朝はゆっくり寝させてもらいました。午前中掃除したり、洗濯したり、アイロンをまとめてたくさんかけたりして、お昼近くに朝ごはん兼昼ごはんを食べ、それからゆっくりお風呂に入り・・・寒いからこのままウチにいようかなぁ・・・とグズグズしつつも、思い立ってお友達が2度も見たというこちらの映画を見に東中野まで行って参りました♪

本屋さんで本を手にとった事はありましたが、ご主人が亡くなられていた事も知らず、なんの予備知識もないまま見に行きました。大好きなブログのお友達が大好きなご夫婦、そのドキュメンタリーを見に行った、という感じです。

小さな小さな映画館で、東中野を通る時に電車から見えていて、ユニークなネーミングが長年気になっていた場所でしたが、その地下にこんな家庭的な小さな劇場があったなんて。映画館そのものが古くて暖かくて、席について映画が始まると、お友達が言ったように本当に津端さんのお宅に伺っているような気持ちになりました。

丁寧なくらし、土をいたわり、自然の恵みに感謝し次の代に受け継ごうとする意思。見る方によって色々感じるものは違うと思いますが、ご夫婦二人がそれぞれを尊重し合い、お互いに感謝しながら仲良く暮らしている日常が微笑ましくて、夫婦のあり方とか、家族や周りの人とのつながりを改めて考えさせられました。

ご自分はジャガイモはお腹が一杯になっちゃうから好きじゃないけど、ご主人が好きだからとせっせとシチューやコロッケを作って食べさせてあげる英子さん。修一さんが亡くなった後もコロッケを揚げて陰膳、というかちゃんとご飯を出してあげている英子さん。その陰膳を上げてから、ご自分はトーストにジャムという英子さん定番の朝ごはんを召し上がっていて。亡くなった後もご夫婦なんだなぁ・・と、そのシーンが特に心に残りました。後、割れた水盤をお子さんたちが元の姿に治してくれた場面も。

すてきな映画を教えてくれたお友達にも感謝です❤️




長男と三男が受験生の時期に大変お世話になった図書館があります。今年になってから初めてその図書館を利用して、静かな居心地のよさにハマっています。
e0122032_22113640.jpg
これは併設のカフェでいただけるパンケーキです。コレを食べに行っているわけではないのですが016.gif、リピートしてます笑。読書三昧の後にメープルシロップを回しかけて、ホイップクリームをぬりぬりしながら頂くのは至福時間です。

家も好きですが、家にいると次から次にやることが見つかってしまうので、家から切り離されて本の世界に浸れるとリフレッシュできます。逃避する一人時間、大切にしてます。

[PR]
by mcherry0929 | 2017-02-02 22:21 | ひとり言 | Comments(8)
Commented by オータム at 2017-02-05 09:54 x
cherryさん、観に行かれたんですね~♡♡

ピアノの曲が今でも流れている位、久々に感動しました。
本も持っていたし、ブログでファンを名乗っていたけれど
奥様の手作りのお料理のページを主に観ていて、修一さんの文はそんなに読んでいなくてだから映画を観て、何も知らなかったんだなと初めて知った位の衝撃がありました。
畑仕事好きなエリートのおじいちゃま、くらいな認識でした。
一線から退いても、自分のやり方を貫き通すところに驚きがあったし、お孫さんとのドールハウスのやり取りでも本当に自分が大事に思うことへの妥協がないなと思いました。
クリニックの設計図に書かれたメッセージに何年もの思いが詰まっていると思ってもう涙が止まりませんでした。
年老いたご夫婦を見ると過ぎ去った過去も全て美しく見えるけれど、本を読んでみてもご主人との生活は中々大変だと思ったこともあると書かれていました。
でも文句を言って過ごすか、受け入れてよりよく過ごすかで人生ってこんなにも違うんだなと思いました。
水盤が壊れた時もご自分が一番残念に思っていらっしゃっただろうに、娘さんに、そんな風に思わないの・・とおっしゃっていて、何かあってもこういう風に受け入れていかれる方なんだなぁと・・。直っていた画像嬉しかったですね^^。
今はお料理のページよりは、ご夫婦の思いをつづった部分ばかり読んでいます。
熱く語ってしまいました^^;

あの映画館がまた良かったですね。
他のところで観ても感動したとは思いますが、あの独特な雰囲気の映画館で一人で観た・・というのが凄く良かったなって。
実は予備校生がいるママ友達を誘っていたのですが、東中野ぉ??って感じでフラれたんですけれど、一人で行って良かったです。
あのカフェも行きたいなぁ・・・
一人時間大事ですよね、家以外の。同感です。
Commented by mcherry0929 at 2017-02-05 16:06
♪autumnさん♪

こんちには♪^^

は〜い、見てきましたよ〜❤️❤️ すてきな映画を教えてくれてありがとう! !^^ もう一回一緒に見てもいいですよ〜♪

私も今もあのピアノのメロディが頭の中に流れています。
あと希林さんの自然体で温かい語り口も心にしみますよね。
映画館もあそこじゃなくては! !笑

高度成長期の真っ只中で、ご自分の目指す建築、街づくりのあるべき理想と、それを許さない経済効率優先の社会の波と・・・でも、わざわざあの団地の一角でご自分の理想の暮らしを実現した、その暮らしを本などのメディアを通じて発信し続けた修一さんはソフトに見えて、実は本当に一本筋の通った方なんだな、と思います。

そしてそんなご主人のこだわり人生にとことん付き合う英子さんが一番偉い・・^^;と、言うと語弊がありますが、すべてを受け止めて、すべてを前向きに考えて、しかもさらりと事もなげにドライに、笑顔で。

逞しいなぁ・・・と感心すると共に、私なんか英子さんレベルで考えたら妻失格だなぁ・・なんて思いました。笑^^;;

「夫婦」という切り口で見ても素晴らしいし、経済優先の社会で失われたけれど、実は大切で次の世代に受け継がれるべきものは何か・・という視点で見ても深い映画だと感じますよね。

英子さんが「お父さんが残ったらどうしようって時々心配しますよ」っておっしゃった時がありますよね。本当に最後まで、ある意味母のように見守っていたんでしょうね。

「二人から一人へ」だったかな❔最新刊が出ているみたいで、ネットでそれを買おうと思ったら在庫切れでした。

autumnさん、また素敵な何かを発信してくださいね♪
ありがとう❤️
Commented at 2017-02-06 09:25
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mcherry0929 at 2017-02-06 15:19
♪鍵コメさま♪

こんにちは♪ ご無沙汰しています。^^
映画、おすすめですよ♪♪

そちらに伺ってお返事書かせてくださいね♪
Commented at 2017-02-07 07:02
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2017-02-09 03:41
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mcherry0929 at 2017-02-09 10:25
♪鍵コメさま♪

コメントありがとうございます♪ そちらにお返事書かせていただきますね♪ ^^

お返事遅くなりごめんなさい。
Commented by mcherry0929 at 2017-02-09 11:00
鍵コメさま

そちらのページにコメントすると「アクセスが集中しているか・・・」というエラー表示でコメントできなくなっています。

またしばらくしたら伺いますね♪