キッチンから日々のこと

by mcherry0929

母ともう一度、「人生フルーツ」

爽やかなお天気ですね。世界情勢が落ち着かないので、このまま何もなく過ぎ去ることを祈るばかりです。どの国にとっても平和が一番大切なことだと改めて感じるこの頃です。
e0122032_11583337.jpg
(↑筍シーズン到来! !のお弁当! !ちょっと茶色いマイお弁当ですが)
母に英子さんの最新刊「ふたりからひとり」を貸してあげたらすごく映画にも興味を持ったみたいだったので、私が休みの日に一緒に行ってきました。私は二度目の「人生フルーツ」となりました。父もいたので誘いましたけれど、その日は「写生会」の責任者だとかで残念ながら行けず(元気で留守がいい❔笑)、映画を観た後はゆっくりランチもして、女ふたりおしゃべりな楽しい一日となりました♪


改めて、ご夫妻の何気ない会話ややりとりが微笑ましく、今回は母とふたりなのでそれを一緒に笑ったり、しんみりとしたり・・・やっぱり人と一緒に映画を見るのもいいなぁ、と感じた一日でした。二度観てもいい映画でした。
何度観てもいいご夫婦だなぁ・・・と感じるのですが、どうしても英子さんがお母さんで修一さんがお子さんみたいに見えてしまうのは私だけでしょうか❔ここまで相手の全てを受け入れて、その人の好きなようにやらせてあげるのはすごいなぁ・・と改めて感じ入りました。
でも、ご夫妻がお互いを認めて対等な関係を築いていらっしゃるのもまたいい感じ。

朝ドラの「マッさん」のエリーさんもそうですが、受け入れてあげられる懐の広さが奥さんにあるからこそ、このお二人の暮らしがここまで豊かな世界に辿り着いたのだと思えます。もちろん、どちらが欠けてもできない世界ですが。

つい先日、ご夫妻共著の「キラリと、おしゃれ」を読み終わりまして、ご夫婦の結婚当初からの生活の詳細に知るに連れて、映画で見る修一さんの穏やかな優しいおじいさんの姿と、(映画でも話されていましたが)結婚当初お給料が月4万の時代に70万のヨットを相談もなく買ってしまう! !という自分勝手な無謀さ(ごめんなさい! !)が結びつかず、英子さんは色々ご苦労もあっただろうなぁ・・・と、びっくりしながら読み進みました。

結婚式のエピソードを書かれている下りで、「男の身勝手50年の幕開けです。」とご本人も書いていらっしる通り、その後は修一さんがしたいと思うことを、そのまま受け入れてだまって見守ってこられたわけです。そのブレない強さが眩しいです。
最後はすべてを肯定的に受け入れて、いつも前向きに考えていく英子さんの覚悟が素晴らしいです。度量といいますか。ヨットの事も、大変だったけれど結果として子供たちにも自分にも良かったと書いていらっしゃいます。

お孫さんのはなこさんに対する愛情の強さもすごくて、すごすぎてちょっと引き気味になってしまうところもあるのですが、「男の身勝手」で、娘さんたちにしてあげられなかった事を、はなこさんで叶えていらっしゃるのかもしれませんね。

母もすごく映画を楽しんでくれて、一緒に来てよかったなぁ・・と思いました。母は現実的な人なので、「庭の枯葉捨てなくてよいのね。今度はコンポストに入れてみましょう。土が良くなるならね。」なんて事も言っていました。笑「庭に畑を作ろうか❔」なんて私からも言ってみました。109.png本当にちょっとやってみたいと思う♪ 何からしたら良いかわかりませんが。

長くなりましたが、楽しい日曜日をお過ごしください❤️
e0122032_12063076.jpg


[PR]
by mcherry0929 | 2017-04-30 10:46 | ひとり言 | Comments(6)
Commented by autumn-park at 2017-05-07 13:18
cherryさん、こんにちは。
気温が上がって初夏みたいですね~~
長男が先ほど戻って行って、ほっと一息パソコンの前に座っております^^。

お母様と観に行かれたんですね~
近くに住んでいると、こんな風にお出かけ出来るからいいですね。
私の母は強めのキャラクターなので、近くに住んでいたら大変、という気持ちの方が強いけれど^^;cherryさんとお母様のように仲良くお出かけされているような方お見かけすると羨ましく思います。

映画の中に修一さんの部下だった教授の方のインタビューなど実際は大変だったような事が少しちりばめられているけれどほぼ映画はお二人の人生の完成形が描かれているから、あんな生活、人生素敵だなぁとか、思いますけれど・・・本を読むとまた違った観方になりますよね。
入口は素敵なご夫婦の素敵な生活だったけれど、出口は違いましたねぇ、cherryさんにはブログで何度かもうお喋りしていますが^^。
そこそこのこだわりでいいかな♪っていう私はあそこまでこだわるんだってちょっとやっぱり引いちゃうし^^;(あのインタビューを受けた教授も何か言いたげでしたよね・・・^^;)相手がどうであれ、自分の人生に前向きじゃないことは考えられない、みたいな英子さんの姿勢、素敵だなと、
お手本にしたいなと思いました。
そんな風に思って生きている方が幸せですものね。
修一さんは確かに才能ある方だけれど、英子さんが伴侶じゃなかったら、人生がこんなに実り多いものにはならなかったと思います。

最後の美味しそうな画像、人生フルーツっぽいです。
春野菜のバター炒め?スープ煮?
とっても美味しそう♡♡
こういう画像こそが、私も何か美味しいもの作りたい♡という気持ちにさせてくれます。
Commented at 2017-05-11 08:53
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mcherry0929 at 2017-05-11 09:34
♪autumnさん♪

コメントありがとうございます♪^^ 
今日も暑くなりそうですね〜♪♪♪ 季節について行けない! !

私の母はのんびりしたキャラなので楽です。^^
でも、たまにこうして出かけるとすごく話がたまっているみたいで、一方的にしゃべるので、もっとマメに聞いてあげないといけないなぁ・・^^;と思います。笑

>修一さん
そうですよね〜、本読むと違った観方になりますよね〜。
autumnさんも同じタイミングで「キラリと」を読まれたんですものね。

修一さんは「会社員」からはちょっとはみ出した個性だったのでしょうね。なんの断りもなく、数日出てこなくなるって登校拒否みたいで。笑

それをお子さん達に「うちで仕事をしているのよ」と言ってそっとしておいてあげる英子さんは寛大ですよね〜。
私だったら出社を促します! !^^;;
大学教授をやめてフリー宣言された時も、一晩は眠れなかったと書いていらしゃいましたけど、最後は受け入れてついていく・・・大きい方だなぁ、と思います。(英子さんがね)

>人生フルーツっぽいです。
ありがとうございます❤️^^

ハイ、英子さん風を狙いました! !^^
最近、帰り道に採れたて野菜を買えるので、筍を見ると買ってしまいます。

筍だけバター炒めで、新玉ねぎと人参はグラッセで、茹でグリンピースは実はパックで売ってる「塩豆」です。^^
塩豆、ご飯とまぜても美味しいし便利ですよ♪
Commented by mcherry0929 at 2017-05-11 09:52
♪鍵コメさま♪
コメントありがとうございます。^^
そちらでお返事・・と思いましたが・・・。

高校から大学って、一番家族の生活が変わっていく時期ですね。私自身もやっと自分のことを、「これからどういう風にしたいかなぁ・・・」なんて、働き方のことも含めて考える時間ができてきました。

私はこれからも仕事は続けていくと思いますが、最近仕事帰りに歯医者さんに寄ったり、時々は友達と食事もできるし、そういう事ができるようになったんだなぁ。。と思います。

子供が遅い分、本当に時間はたっぷりありますから。
でも、せっかく晩御飯を用意したのに「今日は食べて帰ります」というラインが重なると、ちょっと寂しいですけどね。
翌日のお弁当が豪華になるからいいかって、思う。

でも、子供もやがては自分で生活をしますから、外の世界でおつきあいが増えていくのは成長したからこそだし、お友達がいるのは有難い事だと思います。

仕事は、私もブランクがあったので、初めは近くで週に2日とか、気楽な感じで始めました。それを四年くらいやって、今は電車通勤でほぼフルタイムなので、週5日はちょっとキツいかな〜とも思いますが、慣れますしね。

楽しいことばかりではありませんが、家以外に居場所があるというのも悪くないですよ。^^ 仕事の時は家のことはすっかり忘れてますしね。

まずはご自分の気持ちを大切になさってくださいね❤️



Commented at 2017-05-12 00:25
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mcherry0929 at 2017-05-21 07:41
♪鍵コメさま♪

お返事遅くなってごめんなさい。

色々大変でしたね。そういうこと、ありますよね。
いらない出費は落ち込みますね。

今日は爽やかなお天気ですね。
どうぞ良い日曜日を。