キッチンから日々のこと

by mcherry0929

カテゴリ:読書( 8 )

プチお休みのひとり時間

関東地方も梅雨が明けたようですが、お天気が荒れていて落ち着かない夏ですね。それでも、晴れた日にはようやく蝉の鳴き声が聞こえるようになりました。日曜日と、有給休暇をくっつけてただいま三連休、ホッと一息ついています。
e0122032_23105666.jpg
最近のお弁当の中で、ちょっと気に入った日のもの。牛肉とごぼうの炊き込みご飯と、夏野菜の天ぷら。前日の晩御飯はこれに冷たいうどんがプラスされていたので、そのまま詰めただけの弁当ですが。冷たいうどんと炊き込みご飯(時にはお赤飯)、山盛りの天ぷら、が家族に好評なのでここのところ週に一度はそんなメニューにしています。下の2人はシソの葉は苦手ですが、シソの葉の天ぷらは大好物。お弁当には残りません。笑 天ぷらには塩を振りかけて持っていきます。

休みだからと言って、なにをするでもないのですが、キッチンを磨いたり、片付けをしたり、今日はホットヨガのストレッチのクラスに参加し、バランスポールという長い円筒形のポールを使って背骨や関節をほぐしてきました。すごく気持ちがよくて、バランスポールを買おうかと思ったほどです。次男も欲しいと言っています。笑 下の2人の部屋にはストレッチする時のマットが敷いてあり、その傍らには筋トレ用のダンベルが置いてあります。バランスポールもあるといいかも。
e0122032_1045247.jpg

昨日の夜は晩御飯を作りながら、久しぶりにパウンドケーキを二本焼きました。くるみをプチプチちぎって、冷蔵庫で何ヶ月も漬けてあったラムレーズンを混ぜ込み、生地自体が茶色くなるくらいのしっとりバターケーキが焼きあがりました。久々のケーキに子供達は大喜び、自分も今朝コーヒーと一緒にいただきましたが、やっぱり自分で好きなように作ったケーキは美味しいです。粉は国産のドルチェを使いました。

お休みに読んだ本の記録
[PR]
by mcherry0929 | 2016-08-02 00:29 | 読書

最近読んだ本

暑いですね〜。ちょっと外出するにも氷を入れたマイボトルを持ち歩いています。仕事のある日は朝から出かけますが、休みの日はとても外出する気になりません。買い物は夕方から。みんな同じ事を考えるのか、夕方のスーパーでは小中時代のママ達によく会います(笑)

出ないせいかもしれないけど、クーラーの効いた部屋で本や新聞は結構読んでしまう。最近の本屋さんでの立ち読みからつい買ってしまった本3冊です。今回は心理本でもレシピ本でもありません(笑)近頃、本屋のビジネスと新書あたりがおもしろいと思ってしまう私。この他にも色々読んでいますが。。

e0122032_2141373.jpg

左から、画家の篠田桃紅さんのエッセイ「100歳の力」100歳にして、今も現役、独特の作風の方です。水墨で書のような、絵のような抽象を描く方で、お名前とそういう作風は知っていたのですが、もう100歳でまだ現役とは知りませんでした。

さすがに100年生きてこられただけあって、もう世の中を達観している感じで、ズバッと何でもご自分の思うところを気持ちよくおっしゃってます。またそれが筋が通っていて、クールでカッコいい。機会があったら作品を実際に見てみたいと思うようになりました。

真ん中は、経営コンサルタントの千田琢哉さんの本。買うつもりではなかったのですが、結構切り口がおもしろくて立ち読みがやめられなくなって、立ち疲れて買いました(汗)二時間くらいで読めてしまいます。買わなくても良かったかもしれないけれど、まぁ。。。本ってそういうのもありますよね。超辛口だけれどなるほどねと思うところ多い本でした。

右は堀江貴文さんが出所後書かれた本です。私は全然ホリエモンには興味なかったし、マスコミが作り上げた「生意気な」(すみません!)イメージと「証券取引法違反で収監」しか知らなかったのですが、本を読み終えて彼に対するイメージが変わりました。実は結構不器用で地道な人で。サブタイトルにある「何もない自分に小さなイチを足していく。」と言う言葉には共感し、前向きな堀江さんに自分も元気をもらえた気がします。
[PR]
by mcherry0929 | 2014-08-04 22:41 | 読書

まったり一人の休日

夜になり風がでてきましたが、暑いくらいの一日でしたね。下の二人はそれぞれチームの練習、長男は二泊三日で広島滞在中、主人は仕事。。。やった〜、家で一人の休日♡でした。
e0122032_22304815.jpg
遠足で横浜に行った三男のおみやげ♪だいすきなビスカウト♡みんながいなくなって静かになった我が家で紅茶を入れて頂きました。静かな我が家で一人お茶。あぁ〜おいしい♪
e0122032_2241879.jpg
最近買った本3冊。今読んでいるのは一番左の「母という病」。立ち読みしたらやめられなくなって買いました。精神科医の方が書かれた本ですが、人が生まれてから最初の1年〜2年の間(愛着の基礎が形成される時期)があって、何らかの事情でそれがそこなわれた場合、その後の人生にどんな影響があるか。。興味のない方には全くおもしろくない本かもしれないのですが、私はどうも育った環境と人格形成のかかわりみたいな事にとっても興味があるので、こういう本があるとつい読んでしまいます。

真ん中は中脇初枝さんの「きみはいい子」。こちらは二日くらいで読み終えてしまいました。これは同じ街の中で、虐待される子供であったり、過去に虐待を受けて心の傷をかかえながら苦しい思いで子育てをしている若い主婦であったり。。。そういう人達の心の葛藤や苦しみを描いているのですが、どこかに手を差し伸べて優しさをくれる誰かがでてきて。。暗闇の中に一筋光がさすような、ちょっと優しさが心にしみる短編集です。すごくリアルで。。。今ってこういう事、あるだろうな。知らないだけで、苦しんでいる人はいるだろうな。。と思います。

テーブルで好きなだけ本を読んで、ちょこっとお灸をして、朝予約しておいたので午後から美容院へ行って。。ヘアマニキュアとカットをしてもらい。。割引のハガキが来ていたので、「ヘッドスパ」なるものを初体験。気持ちよくて寝ました(笑)またしたいですけれど、割引がないと高そう。3時間半も美容院にいましたが、マニュキュアの放置時間も寝ていたので。。かなり気持ちよくお昼ねさせてもらいました。014.gif

どこに出かけた訳でもありません。。。でも、久しぶりに自分の為に時間が使えて良いお休みでした♪引き続き楽しいGWをお過ごしください♡
[PR]
by mcherry0929 | 2014-05-03 23:20 | 読書

最近読んだ本

さわやかなお天気が続きますね♪ 気温は高いけど湿気もなく、こんなお天気がずっと続くといいのに、と思います。
e0122032_12273155.jpg
買うつもりじゃなかったのですが、立ち読みでさわりを読んだらなんとなく買ってしまいました。

村上春樹のファンと言う訳ではないし、今まで読んだのは「ノルウェーの森」と「羊をめぐる冒険」「海辺のカフカ」くらいで、彼が翻訳した何かを読んだ覚えはありますが、小説は本当に久しぶりに読みました。長男が次に読むのを待っています。

もう、「ノルウェー」も「カフカ」もストーリーは思い出せないのですが、村上春樹の作品の魅力というのは、物語の世界に入り込めるというか。。不思議な臨場感があるところかなと思います。今回も多崎つくると一緒に過去をたどる旅に出ましたし(昼時のマックでコーヒー片手にフィンランドまで。笑)こんな風に物語世界にスッと入り込めるところが人気なのかもしれません。まるで映像を見ているように情景が浮かびますし、読んでいる時間は本の世界の中に入り込んでいる感じです。

全編を通してリストの「ル・マル・デュ・ペイ」という曲がでてきます。かなりくら〜い。。。けれど美しい曲でした。多崎つくるの初恋の人、「シロ」のはかなく悲しいイメージにぴったりでした。シロがどういう環境で育ったとか、どうしておかしくなっていったとか。。そういう背景をもっと細かく知りたい気がしましたし、自分は村上作品に共感するには年を取りすぎてしまったのかなぁ。。なんて今回ちょっと思いました。最近スピッツの新作にもピンとこないし(笑)

あと最近読んだ本はこちら。e0122032_13203016.jpg



タイトルがあまりに後ろ向きなので、迷わず手にとりました(笑)感想は人それぞれかと思いますが、私には「なるほどね」と思うことが多くありました。

忙しい毎日で、最近体より心がつらいと思っていました。体力的な休みより精神的に自由にできる時間が欲しいと。久々の村上春樹はすごく良い気分転換になりました。すりきれないように、心を遊ばせる時間は自分で作らなければと思います。
[PR]
by mcherry0929 | 2013-05-25 13:31 | 読書
急に涼しくなりましたね〜。過ごしやすいというより肌寒いくらいで。。職場のCちゃんは風邪ひいちゃったみたいです。皆さんもお気をつけ下さい♡
e0122032_8594598.jpg
お弁当も同時進行で作っているので、やはり家族を送り出してから一人でまったりと食べるのがパターンです。今日は古くなりつつあるコンビニの食パンを使い切るべくフレンチトースト。小鍋でオーガニックの茶葉を煮出して作ったミルクティーと一緒に。(先日の喫茶店でお姉さんがこうやって淹れてくれて、やっぱりこうやって淹れた方がおいしいと思って自分でも♪)朝の一杯は元気のもとですからね♪

最近読んだ本から二冊
[PR]
by mcherry0929 | 2012-09-25 09:54 | 読書

最近買った本

つい一昨日こちらを買って帰りました。
e0122032_23474677.jpg


もともと安藤忠雄さんの建築ファンでして。。興味深くて一日半ほどで読んでしまいました。安藤忠雄さんの生い立ちから建築家になったいきさつ、自分にチャンスを与え、育ててくれた多くの方々との出会いなど今日に至るまでの半生をご自身で綴られた本です。作品の写真も沢山ありお気に入りの一冊になりました。

「仕事をつくる」と言うタイトルですが、安藤忠雄さんと言えば今でこそ世界的な建築家ですし、学歴もなく独学で建築を学ばれたエビソードはあまりに有名です。彼のような経歴で今日の成功に至る事自体奇跡ですし、こういう方は後にも先にもなかなか出ないのではないでしょうか。

本を読み進むと、どこまでも真摯に建築と向き合う真剣さと情熱がクライアントや周りを動かし、道が開けてきたのではないかと、そんな思いに至りました。「仕事をつくる」とは、文字通り仕事を得ることでもあり、幾多の困難な条件をクリアしつつ作品を作り上げていく過程そのものでもあるるように思えました。作品も人生もそうやって切り開いてこられたのだなぁ。。と。又読み進むうち、自分は自分の人生を真剣に生きているだろうか、との疑問も!!

この本を読んだら次は写真集が欲しくなりました。久しぶりに安藤さんの建築を見に行きたい気分です。
[PR]
by mcherry0929 | 2012-05-18 23:39 | 読書

最近出会った本たち

雑食系?読書の私ですが、休日には必ず本屋さんに行きます。どんなにアマゾンが便利でも、実際手にとって買うのは私の楽しみのひとつ。でももう読まない、作らない料理本は先日初めて古本屋さんに持って行きました。頂くお金は買った金額の1/10以下ほどですが、またどなたかが読んでくださればと、私なりの断捨離の一環として。。でも、減った分また増えているのが実情です(苦笑)

では最近また我が家にやって来た本の中から三冊ご紹介します♪e0122032_9347.jpg

A代表ゴール・キーパー川島さんの著書「準備する力・夢を実現する逆算のマネジメント」です。ちょっと本屋さんで読んでみて、おもしろそうなので即買って帰りました。でもうちのゴールキーパーに持って行かれてしまって、実はまだ読んでいません。最近はサッカー選手が本を書くんですね。。。ちなみにざっと見たところで、前回の長友選手の本よりずっと漢字と熟語が難しいので、うちのキーパー君は読めているかしら037.gif


これは妹のおみやげにラッピングしてもらいました。e0122032_910744.jpg
妹もジャム作りをするみたいだし、何か手作りお菓子の本をあげたくて。スペインではオリーブオイルはどこの家庭でも食卓になくてはならない必需品。身近な素材を使ったレシピなら作りやすいでしょうし、フライパンを使ったレシピもあってお菓子作りの入り口にはいいかなぁ。。と♪ 写真がきれいですごく喜んでくれました。


これは今読んでいるところです。e0122032_9203398.png何年か前にテレピで佐藤初女さんが主催される「森のイスキア」のドキュメンタリー番組を見て、以来初女さんが発信される言葉や食がすごく気になっています。おにぎりを握るその姿は静かで慈愛に満ちていて祈りそのものに思えて感動したのを覚えています。心をこめる、素材と向き合う、食べ物のいのちをいただく。。。毎日本当に慌ただしくて忘れてしまうのですが、そんな気持ちをもう一度思い出すべく読んでいます。初女さんを知ってから、私のおにぎりはほんのちょっぴりおいしくなったのですよ(我が家比)001.gif(子供達がそう言いました。)まぁ。。その日によって出来不出来はありますが、初女さんに倣って心をこめて握るようにしています♪ あ、三人の今日のお弁当は牛丼なんですがね003.gif

子供達が早朝出払って静かな休日の朝です。皆様良い週末をお過ごし下さい♡
[PR]
by mcherry0929 | 2011-11-05 09:42 | 読書

古典

中学も高校も定期試験前です。微妙に時期がずれるので毎度の事ながら長く試験に拘束されている気分です。まぁ。。仕方のない事ですね。

長男は一年生の時「古文」が大嫌いでした。
でも、二年生になって先生も変わり今はそれほど嫌だと言わなくなりました。
今回のテスト範囲で「方丈記」を読んでいるようですが、あの有名な冒頭(「行く川の流れは絶えずして)に人生の機微を感じたりしてるみたいです(笑)まぁ・・きっかけはどうあれ、ふと面白さに気づいたり、作品の内面にふれたりすると勉強も少しは楽しくなるのかも知れませんね♪

今私は珍しくこんな本を読んでいます。e0122032_2242413.jpg
自分では絶対買わない類いの本ですが、何年か前にYWCAの翻訳ボランティアのお手伝いをさせて頂いていた時(私はボランティアと言うよりは単にお勉強させて頂いていただけでしたが)、監修で来て下さっていた加地永都子先生が「この本、私今読んでいるんだけど、すっごくおもしろいわよ〜!!」と勧めて下さったので買ったのです。

でも、その頃読んでもあまり面白く感じなくて全然読まなかったのです(ごめんなさい)。当時子供達が全員小学生で、今とは違った忙しさに追われていました。でも最近心理関係の本や子育て本も読み飽きて?何か文学的なものが読みたくなったので久しぶりに手にとりました。

毎日パラパラとめくっては読んでいるのですが、「これいいなぁ。。」と思うページは折り目をつけることにしています。ここまでで一番のお気に入りは

「世の中を 何物(なに)に譬(たと)へむ 朝びらき 漕ぎ去(い)にし船の 跡無きごとし」

で、リービ英雄さんの英訳ですが
To what shall I compare this life?
 the way a boat
  rowed out from the morning harbor
leaves no traces on the sea.

世の中を何にたとえようか。朝の港をこぎだした船の後も残らないようなものである。(現代訳)

毎日せかせかと過ごしていると 目の前の事に精一杯で息苦しくなってしまいますが、こんなゆったりとした大きな視点に出会えると 自分の悩みなど小さい小さい。。と俯瞰することができます。だけどまた忘れて視野が狭くなり、目の前しか見えなくなるのですがね!!

おまけ 今日もパンを焼きました♪ 白神こだまレーズンパン1.5斤です。^ ^
e0122032_2333432.jpg

[PR]
by mcherry0929 | 2011-06-25 23:35 | 読書